2008年05月30日

1間(ケン)とは・・・便利です。

 よく1間(ケン)という言葉を聞きませんか?
 
 畳1枚分の広さを指し、
 
 1.「京間(191cm×95.5cm)」
 2.「江戸間(176cm×88cm)」
 3.「中京間(182cm×91cm)」の大きさとなっています。

 一般的には中京間が多く、畳の長い所が182cm
               短い所が 91cm です。

 この数字を覚えておくと概算で、各部屋の広さが計算できま  す。

 例えば、1畳の面積(u)は
   →1.82×0.91=1.6562u が1畳の面積となります!

   6畳の部屋なら、1.6562u×6=9.9372u
   
   クロスなどの単価はuで算出しますので、
   1200円(単価)×9.9372u=¥11,924−が、
   6畳のクロス交換費用と概算で算出できます。

  これを応用すれば、退去時のクロス交換費用の概算が、
  算出出来るようになるはずです!!

  是非一度、ご自分の部屋の壁・天井・床の面積を計算して
  みて下さい。

東武東上線沿線の不動産は
  
posted by aki at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | how to 管理

2008年05月01日

LDKって何畳??

  お部屋探しの際、広いリビングを希望されるお客様が多く
 なっています。
  
  1R・1K・1DKより→1LDKが希望だったり、
  2DKより→2LDKが希望だったりと・・・。

  では、LDKって実際何畳??
 
  正しい決まりはないのですが、一般的に8帖以上の部屋を
 LDKと表記する会社が多いようです。

 ただ、8帖でも2DKと表記されている物件も多数有り、
 リビングが8帖の2LDKであれば、広めの2DKでもいいよ うな気がします・・・。

 DKとLDKでは、一般的にLDKの方が家賃が若干高く設定  されやすいからです。

 その16.で面積のことを書きましたが、部屋の表記にとらわ れず、面積の広さで比較検討されるのが、いいと思います。

 


 東武東上線沿線の不動産は
 
posted by aki at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | how to 管理