2008年10月21日

トイレの修理(便器の中の水が止まらない・・・)

 トイレの便器の中で、水が止まらずチョロチョロ流れていることはありませんか?

原因はいくつか考えられますが、

その1.タンクの中にブルーレットを入れている!ins>
ブルーレットが溶けて、フロートゴム玉に付着し隙間ができてしまう場合があります。

その2.フタの上に、ガラス(プラスチック)でできた飾りを置いている。
フタから中に落ちて挟まり、隙間ができてしまう場合があります。

その3.フロートゴム玉の劣化
ゴム状の部品で、水の中にずっとあります。消耗品なので一定期間がきたら、パッキンと同じ様に交換する必要があります。

便器の中.JPG



今回はフロートゴム玉の交換を記載します。

トイレの修理をする時は・・・

1.止水栓を止める(マイナスドラバーがあればOK)

トイレ止水栓.JPG

2.タンクのフタを外す

タンクの中.JPG

3.フロートゴム玉を交換する。
  ホームセンターで販売してます。注)外した物を一緒に持っていった方がいいです・・・サイズ間違いがないように!!

フロートゴム玉.JPG

ずっと交換しないで使用すると、フロートゴム玉の劣化・水が流れる場所なのでゴミなどのも付着し隙間ができて水が漏れてしまします。

たまには、掃除をすると長持ちして使用できますので交換時期も長くなり費用を抑えられます!!

是非、参考にして下さい。


東武東上線沿線の不動産は

posted by aki at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | how to 管理

2008年10月18日

賃貸物件の構造

賃貸物件を探す際、構造を入居する条件にされるお客様も多数います。

物件資料には、木造・軽量鉄骨・SRS造・RC造・2×4など・・・様々の構造が存在します。

ここでは、簡単にどんな造りかをご紹介します。

木造・・・一般的に多い、主要部分(柱・梁)を木質材料を使用した建築構造の事です。

軽量鉄骨・・・鉄骨造の一種で柱・梁などの構造部分に暑さ6mm以下の鋼材か加工した建築構造の事です。

SRS造・・・鉄骨鉄筋コンクリート造のことで鉄骨で組んだ柱・梁の周りに鉄筋コンクリート被せた構造です。

RC造・・・鉄筋コンクリート造でより強度を高めた構造です。

2×4・・・ツーバイフォーと読み、2×4インチ断面の木材を使用し壁面で支える建築構造です。

以上、物件図面によく書いてある構造です。

是非、参考にしてみて下さい。


東武東上線沿線の不動産は


posted by aki at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | how to 管理