2008年02月04日

サッシの調整

冬場の乾燥する季節、梅雨の湿気の多い季節になりますと、窓が傾くような感じで、きちんと閉まらなくなることが多くなります。
これは、窓枠の部分は木造でも鉄骨造でも木が使用されている為です。

木は湿気を吸えば大きくなり、乾燥して水分が少なくなれば縮むようにできています。

なので、窓にはそれを見越して調整できるように調整器具があらかじめついています。

サッシの下の方を確認して頂くと、ちょうどプラスドライバーを入れられる穴が付いているので、右回しか・左回しをして調整して頂くと窓枠が上下して、窓の閉まりがよくなります!!

TbV.JPG

 ↑ ↑ ↑

ここの部分です。

東武東上線沿線の不動産は




posted by aki at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | how to 管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10483576

この記事へのトラックバック